婦人科・診療内容

婦人科 <横浜元町女性医療クリニック・LUNA>

image 婦人科は、恥ずかしい、痛い、怖いというイメージがありまだまだ皆様にとって敷居の高い所かもしれません。
しかしそのイメージを払拭し、女性にとって有用ないろんな情報を提供し、より良いライフスタイルを確立するためのお手伝いをさせていただきたいと思います。
あなたの少しの勇気と工夫で元気に毎日を過ごす事ができるかもしれません。どうぞここで身も心も健康になってください。

婦人科がん検診

不正出血のある方はもちろん20代から子宮頚癌検診、50代からは子宮体癌検診も年に一度受けましょう。
卵巣腫瘍は症状のないことも多く、超音波検査が有効です。
子宮筋腫や子宮内膜症の発見にもつながります。内診による疼痛、恐怖感をできるだけ回避するよう心がけます。

子宮けい癌ワクチン

子宮頚癌予防ワクチン のコラムはこちら!

卵巣腫瘍

良性卵巣腫瘍(卵巣嚢腫)卵巣腫瘍といっても沢山の種類があります。
全く自覚症状のないものから、急な腹痛を伴い手術を要するものなど症状も様々です。
超音波検査、血液検査などを行います。

子宮筋腫

症状は過多月経、腹痛、不正出血、腹部膨満などがあげられます。
治療はホルモン療法、漢方、手術、子宮動脈塞栓術などがあげられますが、その方の年齢、社会的環境によって適切な治療法を選択する事が大切です。
個人の状況にあった治療法を選択するお手伝いをさせていただきます。

月経異常(無月経・月経不順・不正性器出血)

月経は女性の健康の1つの指標です。月経異常の原因を探します。長期の排卵障害は子宮体癌や乳癌の発生頻度を増加させるといわれています。
そのままにしないでこのような症状に方はぜひ相談してください。

おりもの(帯下)の異常

帯下の量、におい、色がおかしいと感じたら、細菌性膣炎や性行為感染症にかかっている可能性があります。
膣錠または内服薬で治療します。

性行為感染症(STD)

クラミジア感染や淋菌感染は最近若年者を中心に急速に広まっています。
感染しても自覚症状のないことも多く、知らないうちに子宮頚管炎や子宮内膜炎となり、さらに不妊の原因となる腹腔内の癒着をおこすことがあります。
帯下の異常や下腹部痛を感じたら検査を受けましょう。
STDから身を守るためには、パートナーとの関係はもちろん、まず自分の意識の改革が必要なのです。 

詳しくは性行為感染症のページをご覧ください。

外陰部腫瘤

バルトリン腺嚢腫は外陰部にできる腫瘤です。疼痛、腫脹により気付きます。
内服薬または穿刺して治療します。

月経前緊張症(PMS)

月経の2週間前から消化器症状、精神症状が出現、月経が始まると症状は改善します。
人により程度は様々ですが、学校や仕事に行けない場合もあります。漢方やピルで改善します。

更年期障害

誰もが通る道ですが、だからといってつらい症状を我慢する必要はありません。
漢方やホルモン補充療法を行います。後は適度な運動をこころがけましょう。