女性泌尿器科・診療内容

女性泌尿器科
 <LUNA骨盤底トータルサポートクリニック>
 <女性医療クリニックLUNA心斎橋>

女性泌尿器科では次のような疾患や症状を診察・治療いたします。
もっと詳しい病気の内容を知りたい方は、関口理事長の著書を参考になさってください。

尿失禁(尿漏れ)

咳やくしゃみ、階段や坂道を下りる時に尿が漏れてしまう病気を、腹圧性尿失禁と言います。また突然尿がとてもしたくなり、トイレまで間に合わず、尿が漏れてしまう病気を切迫性尿失禁といいます。腹圧性尿失禁は、骨盤底体操/磁気刺激療法と薬、尿失禁日帰り手術で治療します。

新しい腹圧性尿失禁手術  →詳しい手術内容はコチラ

LUNAのTFSによる尿失禁手術の成績がアメリカの著名な泌尿器科雑誌 Journal of Urology に掲載されました!

Outpatient Mid-Urethral Tissue Fixation System Sling for Urodynamic Stress Urinary Incontinece : 1 Year Results Yuki Sekiguchi, Manami Kinjyo, Hiromi Inoue, Hisaei Sakata and Yoshinobu Kubota:
Journal of Urology 2009 Dec;182, 2810-2813

TFS (Tissue Fixation System)による中部尿道スリング日帰り尿失禁手術1年目の成績
関口由紀1)、金城真実1)、井上裕美2)、坂田寿衛3)、窪田吉信4)横浜元町女性医療クリニック・LUNA1)、湘南鎌倉総合病院婦人泌尿器センター2)、日本大学大学院グローバルビジネス科3)、横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学講座4)  

1. はじめに

腹圧性尿失禁に対するTVT法の開発者であるP.P.PETROSが、骨盤臓器脱と尿失禁の両手術を、単一システムで、直視下で、安全に行うことを意図として2005年に発表したのがTissue Fixation System(以下TFS)である。
今回我々は、尿流動態的腹圧性尿失禁患者に対して施行した、TFSによる日帰り中部尿道スリング手術の1年目の成績に関して報告する。

2. 対象

2006年12月から2008年3月までに横浜元町女性医療クリニック・LUNAで施行された尿流動態的腹圧性尿失禁患者を対象とした中部尿道TFSスリングの成績を、手術後1年の時点で評価した。症例数は、44例、平均年齢は、58.2±11.9歳、BMIは23.57±12.03。閉経率は61.4%であった。

3. 術前データ

image このうち尿道括約不全(ALPP<65mmH20またはMUCP<20mmH20)は、15例(34.1%)であった。

4. 手術方法

image 尿道口の約1cm下の膣前壁に約1cmの縦切開を置き、左右に剥離し、尿生殖隔膜上にアンカーを移植し、尿道直下に位置するようにテープ長を調整し、移植した。

5. 周術期データ

image 手術成績を以下に示す。
8時間以内に自排尿が得られなかった症例は5例であった。

5例には、DIB CUP付の尿道カテーテル留置し帰宅させ、2日後に尿道カテーテルを抜去し、全員が自排尿可能となった。

6. 結果

image 右に手術後1年目の成績を示す。ストレステスト陰性、24時間パットテスト3g以下を成功とした。尿禁制率は、44例中40例(90.9%)であった。尿禁制を得られなかった4例のうち3例には、テープのゆるみがあると判断し、術後6ヶ月目に再手術を行い、再手術後は全員に尿禁制が得られた。テープによる膣壁びらんは1例に認められ、テープを切断したが、現在のところ尿禁制は保たれている。

7. 考察

当院におけるTFSの1年目成績は、TVTの1年目の成績(87-91%)とほぼ同等である。
失敗例4例のうち2例は、初期の5例に含まれていた。よって当院でのラーニングカーブは、5例程度と考えられた。その後の2例は、ランダムに約20例に1名程度の割合で起こっていた。
そしてこれらの患者に2度目の手術を行うと尿失禁症状は改善した。このことからISDの中には、尿生殖隔膜を含む中部尿道周囲の結合組織が極度に脆弱な症例がおり、これらの患者ではアンカーの固定が悪く、充分な尿禁制が得られない。
しかし1回目の手術により癒着による組織の強化がおこるため、2回目の手術でアンカーが安定して固定されるようになり、尿禁制が得られる可能性があると考えられた。  

8. 結論

TFSによる中部尿道スリング手術は、無床クリニックでも行える、簡単で安全で、効果の高い術式であることが示唆された。

頻尿・過活動膀胱

突然尿がとてもしたくなり、その結果頻尿になっている病気を過活動膀胱といいます。
薬と膀胱訓練、骨盤底体操/磁気刺激療法などの理学療法で治療します。手術で直る過活動膀胱もあります。

新しい尿失禁治療 - 磁気刺激療法

image 米国ネオトーナス社製ネオコントロールを導入しました

日本では、どの病気であっても、薬による治療が主体になることが多く、尿失禁の治療に関しても、薬でだめなら手術というような選択が多いのが現状です。しかしこれは世界的な傾向ではなく、欧米では尿失禁の治療の第1選択は骨盤底体操、それでだめなら刺激療法と手術療法の2つの選択肢が提示され、患者さまがどちらかの治療を選択するスタイルが確立しています。

当院では、2006年1月より骨盤底磁気刺激器、米国ネオト―ナス社製 ネオコントロールを導入しました。磁気で刺激することにより、骨盤底の筋肉群や、神経を刺激しその機能を向上させることにより尿失禁、頻尿を治療します。欧米での成績は、週2回2ヶ月の治療で、85%の患者に改善効果を認めています。さらに機械の特徴から、ヒップアップ効果や、ふとももやせの効果も期待できるのが、女性にはうれしいところです。
現在欧米で広く行われている電気による刺激治療は、皮膚に直接パットを貼ったり、場合によっては膣や肛門に端子を挿入して、刺激しなければならないのですか、この磁気治療は、着衣のまま優雅に座るだけで刺激治療が受けられるのは画期的な進歩です。
さらに電気は、脂肪層があるとその抵抗で、効果が極端に落ちてしまいますが、磁気は、その心配がなく、どんな体型でも、骨盤底の筋肉と神経に充分な刺激を与えることができるメリットもあります。

当院では、1回3,000円(税込)で、週2回・1回25分2ヶ月の治療をおすすめしています。

排尿困難

突然尿がとてもしたくなり、その結果頻尿になっている病気を過活動膀胱といいます。
薬と膀胱訓練、骨盤底体操/磁気刺激療法などの理学療法で治療します。
手術で直る過活動膀胱もあります。

血尿

検診などで血尿を指摘されることがあります。
この際は、超音波検査・血液検査・尿検査などで、尿路系悪性腫瘍(癌)や、腎炎などがないかを調べます。

急性膀胱炎・腎盂腎炎

カゼ、過労、季節変化などで体力が衰えた時に、頻尿・残尿感・排尿時痛・尿混濁などが起こります。
これが急性膀胱炎です。
さらに症状が悪化すると、発熱が起こります。こんな時は腎盂腎炎を起こしている可能性があります。
内服や点滴で抗菌薬の投与を行います。

性器脱(子宮脱・子宮下垂・膀胱瘤・直腸瘤)

膣から膀胱・子宮・直腸などが、垂れ下がってきて、下垂感や、違和感、下腹部痛などが出現する病気です。
骨盤底体操/磁気刺激療法、膣内補助具、手術などで治療します。

→詳しい手術内容はコチラ

間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群)

頻尿と強い下腹部痛・下腹部違和感が、同時に出現しますが、尿路系の癌や、明らかな良性の原因がない病気です。
内服薬、膀胱内注入薬、電気・磁気刺激療法(鍼灸マッサージ療法)、膀胱水圧拡張療法、漢方療法などで治療します。

詳しくはコチラ→

慢性骨盤部痛症候群

癌などの悪性疾患や、子宮内膜症などの明らかな良性疾患がないのに、常にお腹のどこかに痛みがある疾患です。
内服薬、電気・刺激刺激療法(鍼灸マッサージ療法)、漢方療法などで治療します。

膣痛症

間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群)に合併することが多い病気です。
膣痛症は、膣をさわると痛い、膣内にものを入れると痛い、膣が赤くはれているという3徴候があります。
内服薬、塗り薬、電気・磁気刺激療法などで治療します。

女性性機能障害

セックスしたいのに、なんらかの原因でセックスができない病態です。
心因性を除いた、身体機能の障害が原因の女性性機能障害を扱いますが、これには大きく、セックスする気が起きない、セックスする気があるのに局所の反応がない(濡れない)、オルガスムルを感じない、セックスすると痛いなどの分類があります。
内服薬、塗り薬等で治療します。

夜尿症(オネショ)

10歳くらいまでのオネショは、正常です。学齢になってもオネショをしている子供は、睡眠を深くとれる良い脳を持っているのです。
おおらかにオネショがよくなるのを待ちましょう。
しかし10歳を過ぎても、オネショが頻繁の場合は、子供の時から、骨盤底筋のトレーニングをしたほうがよい場合があります。ご相談ください。