自由診療

LVR
(Laser Vaginal Rejuvenation
レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)
膣弛緩術の手術(レーザータイトニング)

【期待できる効果】
レーザーを使って膣のゆるみをとり、膣を若返らせ、性的満足を向上します。


LVR(レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)は、2005年ごろからビバリーヒルズでセレブ達の間で流行っている女性器の若返り術です。LVR は、現在世界の50カ国以上で行なわれていますが、その発祥の地はビバリーヒルズです。LUNAでは、ビバリーヒルズのLaser Vaginal RejuvenationR and Designer Laser VaginoplastyR.の権威ドクターマトロックの元へ医師の研修を行ない、この手術を2012年から導入しました。

出産・加齢によって膣はゆるくなってしまいます。いわば膣のゆるみは、年齢と共に現れる防ぎようのない衰えで、お顔のシワやたるみと同様に膣の老化です、

加齢により膣だけでなく色々な部分の筋肉が衰えてきます。たとえば大腿の筋肉は20 歳代と70 歳代ではその大きさは約半分にも衰えていきます。膣は、大腿ほど日常生活で動かさないので、衰えは大腿以上となります。このため日々の骨盤底筋トレーニングの習慣化が重要になってきます。
image しかし骨盤底筋トレーニングではなかなか改善されない、確実な効果を短期間で欲しいという場合には膣を引き締めるための施術や、手術が必要になってきます。皮膚と筋肉の間にある皮下組織という場所にコラーゲンをふやして膣を引き締める施術がビビーブです。 筋肉と筋膜を寄せて縫い強化する手術が、LVRRです。膣の縫縮手術には、メスや電気メスを使用して行なう以前からある方法もありますが、LVRでは、最新のLaserPro ダイオードレーザーメスを使用します。

LaserPro ダイオードレーザーメスは、患部以外の組織を損傷することなく的確にスポット治療を行なうことが可能で、CO2レーザーよりよりもはるかに自然で美しい性器が形成できます。
またLVRは、従来膣の入口から数センチという一般的な膣縮小の手術とは異なり、子宮口の手前まで切開し、粘膜の処理だけでなく筋肉から縫い縮めます。
膣をトータルに機能的に若返らせるのです。レーザーを用いた手術ですので、周囲の組織へのダメージが最小限ですみ、 尿道や肛門に近い手術も安全に行うことが出来ます。
診察により、その方それぞれの状態に合わせてオーダーメイドで必要な手術法、引き締め部位を選択していきます。


※事前に、医師による診察で、ビビーブ、LVR、DLV、TFSのどの方法が、もっとも適切かを一人一人確認させていただき、それをもとにカウンセリングさせていただいています。

この施術のメリット

・日帰りで施術可能。
・レーザーを用いた手術で周囲の組織へのダメージが少ない安心な施術。
・スポット治療を行なうことが可能で、CO2レーザーよりよりもはるかに自然で美しい性器が形成できる。

施術

手術は局所麻酔と、ブロック麻酔、静脈麻酔の併用で行いますので、当日に帰宅できます。
朝、診療スタート前のお時間(8:30頃)に来院して頂いて施術、術後は院内のお部屋でお休み頂き、術後3時間以降でお食事も召し上がって頂けます。
状態にもよりますが、夕方頃には皆様ご帰宅されます。(排尿の有無や身体の状態により帰宅時間は異なります。)

必要な術前検査

image 診察をし、術前検査を行います。
※遠方からお越しで当院での術前検査を行えない方は、事前に他院で必要な検査をし、結果をお送りください。
※事前に、医師による診察で、ビビーブ、LVR、DLV、TFSのどの方法が、もっとも適切かを一人一人確認させていただき、それをもとにカウンセリングさせていただいています。
【料金】
初回カウンセリング料
LVR 膣後壁のみ
LVR 膣前壁+膣後壁

5,000円(税抜)
400,000円(税抜)
800,000円(税抜)
【施術当日の施術時間】 後壁のみの場合は1時間程度、
前壁も必要な場合には2時間程度かかります。

術後

術後7日間程度は生理の際と同じような少量の出血がありますので、ナプキンをお使いいただきます。
時間の経過と共に、出血はピンクから茶色となって徐々に消失します。

ダウンタイム

安静
重い物を持つ事・バイク・自転車禁止(術後4週間)
膣内部が完治するまでには少し時間がかかるため6週間は性交渉を控えていただきます。(術後6週間)

経過の受診

ご症状・術後経過などによって、医師から指示が出ます。大体1ヶ月後に受診で経過観察を行います。