診療施術について

YOKOHAMA MOTOMACH, LUNA Woman Medical Clinic have a good medical concept.Witch we are focusing 2 ideas. First. We have level of world standard of high women’s healthcare.Japanese women’s healthcare is fall behind to compare with America and EU, even close country by Korea and Taiwan.Second. ladies can participate freely with the self-help of medical practice, even don’t matter people who A patient, a doctor and co-medical.

泌尿器科

尿失禁(尿漏れ)

咳やくしゃみ、階段や坂道を下りる時に尿が漏れてしまう病気を、腹圧性尿失禁と言います。また突然尿がとてもしたくなり、トイレまで間に合わず、尿が漏れてしまう病気を切迫性尿失禁といいます。腹圧性尿失禁は、骨盤底体操/磁気刺激療法と薬、尿失禁日帰り手術で治療します。

頻尿・過活動膀胱

突然尿がとてもしたくなり、その結果頻尿になっている病気を過活動膀胱といいます。
薬と膀胱訓練、骨盤底体操/磁気刺激療法などの理学療法で治療します。手術で直る過活動膀胱もあります。

排尿困難

突然尿がとてもしたくなり、その結果頻尿になっている病気を過活動膀胱といいます。
薬と膀胱訓練、骨盤底体操/磁気刺激療法などの理学療法で治療します。
手術で直る過活動膀胱もあります。

夜尿症(オネショ)

10歳くらいまでのオネショは、正常です。学齢になってもオネショをしている子供は、睡眠を深くとれる良い脳を持っているのです。
おおらかにオネショがよくなるのを待ちましょう。
しかし10歳を過ぎても、オネショが頻繁の場合は、子供の時から、骨盤底筋のトレーニングをしたほうがよい場合があります。ご相談ください。

血尿

検診などで血尿を指摘されることがあります。
この際は、超音波検査・血液検査・尿検査などで、尿路系悪性腫瘍(癌)や、腎炎などがないかを調べます。

急性膀胱炎・腎盂腎炎

カゼ、過労、季節変化などで体力が衰えた時に、頻尿・残尿感・排尿時痛・尿混濁などが起こります。
これが急性膀胱炎です。
さらに症状が悪化すると、発熱が起こります。こんな時は腎盂腎炎を起こしている可能性があります。
内服や点滴で抗菌薬の投与を行います。

性器脱(子宮脱・子宮下垂・膀胱瘤・直腸瘤)

膣から膀胱・子宮・直腸などが、垂れ下がってきて、下垂感や、違和感、下腹部痛などが出現する病気です。
骨盤底体操/磁気刺激療法、膣内補助具、手術などで治療します。

間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群)

頻尿と強い下腹部痛・下腹部違和感が、同時に出現しますが、尿路系の癌や、明らかな良性の原因がない病気です。
内服薬、膀胱内注入薬、電気・磁気刺激療法(鍼灸マッサージ療法)、膀胱水圧拡張療法、漢方療法などで治療します。

GSM(閉経後外陰尿路症候群)

エストラジオール低下の症状のうち泌尿生殖器症状は、以前は老人性膣炎という、差別的な名称で呼ばれ、年をとったんだからしかたないものとして放置されていました。しかし2014年に国際女性性機能学会と米国更年期学会が、新たな疾患概念を提唱しました。
それがGSM-閉経後外陰尿路症候群―です

慢性骨盤部痛症候群

癌などの悪性疾患や、子宮内膜症などの明らかな良性疾患がないのに、常にお腹のどこかに痛みがある疾患です。
内服薬、電気・刺激刺激療法(鍼灸マッサージ療法)、漢方療法などで治療します。

膣痛症

間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群)に合併することが多い病気です。
膣痛症は、膣をさわると痛い、膣内にものを入れると痛い、膣が赤くはれているという3徴候があります。
内服薬、塗り薬、電気・磁気刺激療法などで治療します。

女性性機能障害

セックスしたいのに、なんらかの原因でセックスができない病態です。
心因性を除いた、身体機能の障害が原因の女性性機能障害を扱いますが、これには大きく、セックスする気が起きない、セックスする気があるのに局所の反応がない(濡れない)、オルガスムルを感じない、セックスすると痛いなどの分類があります。
内服薬、塗り薬等で治療します。